パピー ほほのこと

12月6日に我が家は、4頭目のフラットを迎えました。
想定外の事で、一番驚いているのは、私だったり、夫だったり、一番は朗です。

宮津の姉のお家に滞在中だった、12月4日夜に

『先日おじ夫婦のところに泊まってろうくんママが女子のフラットちゃんを探してる!って噂を聞きまして、ご連絡しました』

って、お知り合いからメッセージと共に、動画とプライスが送られてきました。⬇︎

このペットショップに併設されてる動物病院のドクターだった Aちゃんは入荷した時から気になってたようで、12月に入り、いよいよ大きくなって、私に連絡をくれたのです。
いやいや、2から3年後にパピ探しますが、まだ今は探してませんとお返事いたしました。

ワクチンも終わってて、5ヶ月とかかなぁ…って思っておりました。

その夜何度も目が覚めて、翌日釣りの時も、ランチの時も気になって仕方ない。

その様子を見てて、夫も私が何を言い出すかわかっていたようです。

6日に長野に帰る予定でした。
前夜、ペットショップの情報と合わせて、この子の情報も確認できました。
すぐにAちゃんに、この場所か?と確認をして、気になるから大回りして立ち寄り、白馬に帰ることにいたしました。

宮津から京都市内は思いのほか早かったです。
お店があるのは滋賀県八幡市。
11時のオープンのお店に、11時過ぎに到着して、Aちゃんにもご挨拶して、お店の方に、パピーを連れてきていただきました。
もう、ショーケースには入っていませんでした。 

元気な女の子です。
尻尾がペチペチ動いています。
フラットらしい喜び方です。
もう来たからには、もう、見たからには、もう、抱きしめたからにはほぼ連れて帰る事を覚悟していました。

朗の様子も見たかったので、店内でご対面させていただきました。

相性がいいとは言えない状況でしたが、本日このまま連れて帰れるか確認いたしました。

これで連れて帰らないと!この子の今後が気になります。
叩き売りされたり、殺処分になったり頭を想像が駆け巡り、家族に迎える事を決めました。

私のお誕生日プレゼントにiPad Proとペンを予約お取り寄せしているのですが、それはもういらないから、この子を連れて帰りたいと夫に言いました。
夫は、来るって事は、そういう事でしょって、今更何言ってんの?って感じの苦笑いでした。

ほほの物があれこれあるので、身一つと、今食べてるフード4kgを車に詰め込み、帰路につきました。

段ボールを用意していただきましたが、飛び出て運転席の夫の耳を噛んだりしましたので、途中、テープで閉めちゃいました。
朗の戸惑いは、長く続きました。
八幡市から、駒ヶ岳SAまで、パピはおトイレ我慢してくれました。

帰る道中名前を考えました。
翌日も考えました。

でも、いいのが見つからず、2日間名無しちゃんでしたが、我が家にとってベストな女の子のお名前、“ほほ” となりました。

7月14日生まれ 体重約14kg 名前はほほ。

今後ともよろしくお願いいたします。

The foot of Mt.DOG

北アルプス山麓での、犬との生活を綴ります。 犬は、フラットコーテッドレトリバー、3・4代目。

0コメント

  • 1000 / 1000