ステーキフェアからの青木湖

9月3日、白馬東急ホテル誕生60周年記念
ステーキフェアに、アン奏ちゃんのパパ、ママ、Rayちゃんママ、そして私達夫婦で出かけてきました。
夫はスパークリングワイン。
私とRayちゃんママは、ノンアルコール。
アン奏ちゃんママは200。
パパは300g。
私、夫、Rayちゃんママは400g。
夫の職場の方に後で、「夫婦でフードファイターですか?!」って言われたらしい。
去年も400食べてますが、今回は、大きい感じではなく、分厚かったです。

そして、和風ソースで美味しくいただきました!!
その後は、アン奏ちゃん達はお家に帰って、朗とRayを連れて青木湖に行きました。


ここで、さらっと記録いたしますが、
お帰りがけの釣り人がいらっしゃって、朗を離しては行けないと思ったのですが、朗は、わーい!ってなってしまって、私は抑えきれず、転倒。
体の右半分を打撲と、ちょっと擦りむき、ドロドロになり、枯葉まみれになりました。
朗もRayもとても楽しそうでした。
朗にいたっては、びっくりするくらい、飛び込むのが大好き!になっちゃった感じです。
その後、朗の病院と、ハルちゃんのパパのお見舞いとの予定でした。
だけど、腕がたんこぶのように腫れ、強打した胸が、とても痛くなってきて、病院へ行く途中の整形外科に立ち寄ることにしました。
レントゲンで見ても、私の痛みのあるところは、肋骨の前あたりなので、そこは軟骨らしくて映らないとのことで、超音波で観れもらいました。
超音波で見ると、筋肉のほとんどがひどく内出血してるとの事。
肋骨は折れてませんでした。

病院の待合室、おトイレ、レントゲン室に、土や枯葉の屑を落としてしまい、それを拾うことすら痛くて、満足にできませんでした。

湿布と痛み止めをいただき、朗の病院は、翌週にして、ドロドロの格好で、ハルちゃんのパパのお見舞いに行きました。
右太もも側面も、特大の青あざができてました。
こんな大ゴケは、初めてかもしれません。
400gの思い出も、吹っ飛ぶ痛さでした。

The foot of Mt.DOG

北アルプス山麓での、犬との生活を綴ります。 犬は、フラットコーテッドレトリバー、3・4代目。

0コメント

  • 1000 / 1000